指圧マッサージの効果

肩が凝ったり、ぶつけて痛かったりすると自然に手がいきます。

すると自然に楽になる感覚を覚えませんか?

 

これは揉んだりさすったりすることで、皮膚や筋肉に存在する身体のセンサーを刺激することで得られる効果と考えられます。

このセンサーはポリモーダル受容器といい痛み(特に鈍い痛み)をキャッチするので、ボディケアであるマッサージや鍼灸刺激は

適当といえます。

刺激を受けて受容器が興奮すると身体の組織が反応します。

すると局所の血流が増加して筋肉の緊張がゆるみ身体の中の老廃物や痛みを伴う発痛物質を流し出してくれます。

また鎮痛システムが活性化されるので鎮痛効果につながります。

肩こりや腰痛、五十肩、膝の痛み、筋肉痛などが指圧やマッサージで楽になるのはそういった効果があるからです。

 

さらに指圧マッサージには内臓の問題である消化不良や下痢、便秘や睡眠の質が格段に改善されることがあります。

これは‟体性-内臓反射„と呼ばれていて、皮膚に刺激を加えると自律神経を仲介して内臓や脳の働きを自然に調節してくれるのです。

東洋医学でいうツボは身体の窓口であり反応点です。

人体に存在する400前後のツボの中でも特に有名な足の三里は指圧をすると胃腸が動き、合谷は頭がすっきりしてきます。

ツボは身体の中につながっていて各ツボに特有の効果が期待できるのです。

 

タイムリラックスではマッサージや鍼灸を熟知したスタッフがみなさまに寄り添い確かな施術を提供いたします。

お気軽にお問合せください。